internet-cafe

脱毛エステでのトラブルを避けるために

初めて脱毛エステサロンを利用する人は、何かと不安を抱えているのではないでしょうか。例えば値段の事、勧誘の事、サロンの雰囲気や従業員の態度についてなど、考え始めたら切りが無いかも知れませんね。

トラブルに備えたつもりでも、いざ脱毛エステサロンに足を踏み入れると、強引な勧誘に太刀打ちできなくなってしまう人が沢山います。施術内容は決して良いものではなかったのに、高額な料金を請求されたと言う話も時々耳にします。
また、施術内容は納得の行くものだったけれど、脱毛のアフターケアのために必要だと言う化粧品を10万単位の金額で売りつけられた、という話もあるようです。

しかし、現在は上記のような話がインターネットなどの口コミで全国に広がるため、勧誘がされるのが嫌だから、脱毛に限らずエステには行かない、と決める人が増えて来ました。
各エステサロンではこうした現象に歯止めをかけるため、ホームページや広告などに、勧誘は一切行なわないと言う言葉を掲載する所が多くなっています。

値段についての不安も、各サロンのホームページをチェックすれば、ひと目で比較する事が出来ます。脱毛に限らず、エステサロンの雰囲気や従業員の態度などは、インターネットの口コミサイトなどで確認すると良いでしょう。

今はインターネット環境があれば、大まかではあっても正確な情報を入手する事が出来ます。必要な事は全てチェックして対策を練っておけば、トラブルに見舞われる事は無いでしょう。

Marks & Spencer Wedding Hamper

新技術  非加熱式脱毛

これまでの脱毛エステと言えば、フラッシュやレーザーを使ったものが有名ですよね。しかし、近年になって全く新しい技術が導入され始めました。それが非加熱式脱毛です。

非加熱式脱毛の特徴は、大きく分けて三つあります。一つは日焼けした肌にも産毛にも施術が可能であると言う事です。
二つ目は毛の生え変わり時期にこだわらず、施術期間中であっても、抜いたり剃ったりと言うお手入れが可能であると言う事。三つ目は、何と言っても、熱を使わないので、全くと言っていいほど痛みが無いと言う事です。

脱毛エステサロンでは、顔の産毛への施術は、「危険が伴う」事を理由に断られてしまう事もあります。しかし、口の周りに生えて来るうっすらとした髭などは、とても気になりますね。非加熱式脱毛なら、すぐに施術を受ける事が出来るので、手入れに気を配る回数を格段に減らす事が可能です。

非加熱式脱毛エステでの具体的な施術方法は、大豆を主成分としたローションを塗り、オゾンを照射してローションの成分を肌に浸透させるだけです。ここ数年、イオン導入が注目を集めていますが、それと似た様な方式で脱毛出来る、画期的な施術なのです。

これはまだ新しい技術であるため、エステで利用しても、完璧な効果を得られる保証はありません。効果そのものに個人差があります。しかし、全くと言っていいほど痛みがなく、豆乳ローションを使った肌に優しい施術を体験してみたい人には、実際に体感してみる事をお勧めします。

Layers of precipitated iron throughout this sandstone strata of the carboniferous period.

ムダ毛の周期による脱毛期間

ムダ毛に限らず、毛には生え変わるための周期があります。それは、成長期、退行期、休止期の3つの時期に分かれていて、最も脱毛に適しているのが成長期だと言われています。
個人差がありますが、髪の毛もムダ毛も大体2ヶ月で生え変わります。つまり、レーザー脱毛などの施術を受けても、2ヶ月後には新しい毛が生えて来ると言う事です。新たに毛が生えて来たタイミングでサロンへと足を運び、処置を繰り返せば、徐々にムダ毛とさよならする事が出来ます。

脱毛エステサロンの利用回数制限は、大体が6回~8回に設定されています。しかし、残念ながらこの回数では完全に処置する事は難しい場所もあるようです。

脇の下の脱毛を体験した人のレビューによれば、制限回数である8回で脇の下のムダ毛が減った事を実感し始めたものの、まだまだ残っていたそうです。最終的に処置が完了したのは、サロンに通って15回目、年月にすると3年ほどかかったそうです。

上記は脇の下の脱毛体験談でしたが、他の場所の場合は回数制限よりも早く処置が完了する場合と、回数制限よりも多くががかかる場合もあるかも知れません。

しかし、脱毛エステサロンではなく医療レーザーを利用した場合は、出力が高い機器が使われるため、6回~8回の施術で処置が完了する事もあるでしょう。早く施術を完了させたい人は、医療レーザーの利用を検討すると言う手もありますね。

脱毛エステサロンでも、医療レーザーでも、処置が完了するまでの回数には個人差がある事を覚えておく事が大切です。

A Rose For You

エステで行うワックス脱毛

エステでは、安くて手軽に出来るという理由で人気の、ワックス脱毛があります。でもワックス脱毛って痛そうだし、どのぐらい効果があるのかと疑問に思ったことはありませんか? 実際、電気脱毛とか光脱毛に比べると、何か頼りない感じがするかもしれませんね。

確かに、永久脱毛ではないので、定期的なお手入れが必要ですが、ワックス脱毛は、ワキやVラインなどの硬い毛の脱毛に適した脱毛方法なのです。
毛が5ミリ程度伸びた状態で行い、 脱毛専用ワックスを脱毛したい部分に塗り、時間をおいて固まったジェルをはがして毛を毛根から抜き取ります。ワックスをはがす時には痛みがあるため、お肌の弱い方にはあまり向かないかもしれません。

ただ、エステサロンによっては、ワックスの成分にも違いがあり、敏感肌などでも肌トラブルを起こしにくいように工夫がされているタイプもあります。確かに最初は痛みが強いかもしれませんが、毛抜きで抜くよりも痛みが少なく、何度か繰り返している内に、毛根が弱るので、痛みは少なくなるようです。

又、ワックスには美肌効果やトリートメント成分が含まれていたり、脱毛後にアフターケアをしてくれるサロンもあります。
ワックス脱毛は、毛根から毛を除去し、ワックスをはがす時に古い角質も一緒に取りさるので、カミソリや除毛クリームに比べて、肌がつるつるになります。アメリカでも、エチケットとしてVラインのワックス脱毛をする女性が非常に多くいるようです。

他にも、デリケートゾーンに対して行われる、ブラジリアンワックスというものもあります。脱毛したい部位によって、どの施術をするのが自分に合っているのか、よくサロンの人と相談して、まずは一度試してみるのはいかがでしょう。

100614-A-2082K-025

医療機関で行なわれる脱毛方法

医療機関で行なわれる脱毛は、エステで行なわれる脱毛よりも効果が高いと言われています。それは、医療機関に認められたレーザー機器を利用して行なわれるため、確実にムダ毛を処理する事が出来るからです。
それでは、医療機関ではどのような方法で施術が行なわれているのでしょうか。

★ダイオードレーザー
現在、最も良く利用されている機器です。痛みが少なく、産毛にも対応出来るため、高い評価を得ています。

★アレキサンドライトレーザー
この機器が日本に入って来たのは1997年で、ダイオードレーザーが登場するまでの間、広く利用されていました。ダイオードレーザーよりも、強めの痛みを感じると言われています。

★ロングパルスヤグレーザー
この機器は肌の色に影響を与えないので、男性の脱毛に適しています。

医療機関で行なわれる脱毛施術は、広い範囲を一度に処置する事が出来、短時間で終了するのが特徴です。ただ、施術前に確実なカウンセリングと、施術後にも丁寧なアフターケアが必要となります。

カウンセリング前に、情報収集をする事と、時間に余裕を持って行動する事が必要です。医療機関によっては、カウンセリングの後にテスト脱毛を行う所もあります。また、脱毛後の入浴や患部の処置の仕方については、必ず医師の指導に従うようにしましょう。

脱毛エステサロンとは違い、何か起こった時にはすぐに医師に相談する事が出来るのが利点と言えます。自分と相性の良いクリニックを見つけて、ムダ毛処理の煩わしさから解放されましょう。