100614-A-2082K-025

医療機関で行なわれる脱毛方法

医療機関で行なわれる脱毛は、エステで行なわれる脱毛よりも効果が高いと言われています。それは、医療機関に認められたレーザー機器を利用して行なわれるため、確実にムダ毛を処理する事が出来るからです。
それでは、医療機関ではどのような方法で施術が行なわれているのでしょうか。

★ダイオードレーザー
現在、最も良く利用されている機器です。痛みが少なく、産毛にも対応出来るため、高い評価を得ています。

★アレキサンドライトレーザー
この機器が日本に入って来たのは1997年で、ダイオードレーザーが登場するまでの間、広く利用されていました。ダイオードレーザーよりも、強めの痛みを感じると言われています。

★ロングパルスヤグレーザー
この機器は肌の色に影響を与えないので、男性の脱毛に適しています。

医療機関で行なわれる脱毛施術は、広い範囲を一度に処置する事が出来、短時間で終了するのが特徴です。ただ、施術前に確実なカウンセリングと、施術後にも丁寧なアフターケアが必要となります。

カウンセリング前に、情報収集をする事と、時間に余裕を持って行動する事が必要です。医療機関によっては、カウンセリングの後にテスト脱毛を行う所もあります。また、脱毛後の入浴や患部の処置の仕方については、必ず医師の指導に従うようにしましょう。

脱毛エステサロンとは違い、何か起こった時にはすぐに医師に相談する事が出来るのが利点と言えます。自分と相性の良いクリニックを見つけて、ムダ毛処理の煩わしさから解放されましょう。